好印象を持ってもらいたいなら白い歯でしょう

27 8月

人と初めて顔を合わせるときは、だれでも自分の印象を悪く見られないように心掛けると思います。

受験の面接、採用面接、初めての会社訪問、学校の先生との面談、そのほか大事なことに臨むときは相手に好印象を与えて、自分を高く評価してほしいものです。

好感度アップ↑

服装や身だしなみと並んで印象に影響するものと言えば、歯の白さでしょう。

印象よくするために自然と笑顔になるものですが、笑えば歯が相手から見えることになりますよね。

ですから、好印象を持ってもらうには白い歯が大事なのは間違いありません。

白い歯でないと・・・

ちょっと想像してみてください。

自分と話している相手の歯が黄ばんでいるとします。話に集中できるでしょうか?

そのことに一度気付いてしまうと、そっちに気を取られて話に集中できないのではないでしょうか。

“歯が汚い”という印象を持つと、その人に対する見方や評価はどうしても低下せざるをえないでしょう。

どんなにいい服を着ていたとしても、そのことによって台無しになりかねません。

自信を持てない

これと同じように、もし自分の歯が黄ばんでいるとしたらどうでしょうか。

相手からどう思われるか気になって、自分に自信が持てないかもしれません。

自信が持てないと爽やかな笑顔を見せることも難しくなるのではないでしょうか。

そうすると自信がなさそうに思われて、人としての印象も下げることになりかねないですよね。

歯のコンディションをいつもケアする

いつでも自分に自信を持てるように、歯のコンディションも服装や身だしなみと同じようにケアするようにしましょう。

白い歯は自然に何もしないで実現することはできません。

歯の自然な色味は本来、やや黄色がかった白色ですから、歯が白いと見えるようにするためにはそれなりに努力することが必要です。

 

このサイトでは、歯を白くする、つまりホワイトニングのベストな方法はどれなのか、また選択肢の一つとして歯磨き粉タイプのメリットをご紹介していきます。