食べるものを選べば歯を白くする効果がある?

10 9月

いつも食べているものが歯を白くする作用があるなら素晴らしいですよね。

そうなんです、自然の食品のなかには歯の白さと健康に役立つものがたくさんあるのです。

ではどの食材が白くしてくれるのでしょうか。

当然ながら、ホワイトニング剤のような劇的な効果は期待しないでください。

では、そのいくつかをご紹介していきましょう。

繊維質の食品

繊維が多く含まれているので、よく噛むことによって歯の表面に付いた汚れを取り除くことができます。

セロリやゴボウなどの野菜、スルメやビーフジャーキーなども歯でよく噛めば効果的だと言われています。

にんじん

にんじんに含まれるビタミンAは、歯のエナメル質を丈夫にするのに必要な物質です。

頻繁に料理に使われる食材ですから、積極的に摂取しましょう。

ゴマ

ゴマを食べることによって、歯の歯垢を取り除く効果があります。

セサミンという成分で注目されることが多いですが、歯の健康にも役立ちます。

パパイヤ

パパインという成分があり、タンパク質を分解する作用があることが分かっています。

それによって歯に付いたタンパク質汚れを分解して落としてくれます。

あまり食べることがないかもしれませんが、たいていのお店には売っているのでチャレンジしてみるといいですよ。

ブロッコリー

鉄分を多く含んでいますが、歯のエナメル質を守る膜を作るのに必要なものです。

これも繊維が多いので、よく噛めば歯の表面の汚れを取り除くことができるでしょう。

リンゴ酸

リンゴをはじめ多くの野菜や果物に含まれている成分です。

歯の色素沈着や黄ばみを取り除く効果があるので、積極的に取り入れたいものです。

リンゴでなくても、梨やナツメなどがたくさん含まれています。

なるべく自然のものを

歯のためになるものが自然界にあるなんて素敵ですね。

こうしたものを意識して積極的に選んでいけば、ある程度の白い歯をキープすることができるでしょう。

これと逆に、の着色の原因となる食品は避けていきたいですね。

コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレー、ブルーベリーなど日常的なものがいろいろあります。

歯を白くするのを助けてくれる食品を摂取しつつ、ホワイトニング剤入りの歯磨き粉で毎日歯磨きすればホワイトニング効果が倍増することでしょう。