白さのレベルは自分好みにできるのか

22 9月

白い歯がいいな、といってもイメージする白さのレベルは人によって実は異なります。

絵の具のような本当に真っ白がいいという人もいることでしょう。

少し温かみが残ったほうが好きな方もいるでしょう。

調整できる白さ

専門的なホワイトニングではそうしたニーズに合わせて白さのレベルを指定することができます。

もっとも精度が高いのがオフィスホワイトニングです。

ホワイトニング効果の目安に使われるのがシェードガイドですが、歯の明るさを10数段階で評価することができます。

好みの明るさを目指して

現在の明るさ(白さ)がどのレベルか確認し、そこからどのレベルまで明るくしていくか決めて、施術していきます。

ホームホワイトニングも同様に判断してから、施術は自分で行なっていきます。

進み具合をシェードガイドでときどき確かめながら、好みの明るさになるまで繰り返していくことができます。

このように自分好みの明るさ(白さ)を実現できるのはいいですね。

ホワイトニング歯磨き粉はキープするために

ホワイトニング歯磨き粉はどうでしょうか。

着手していない最初の段階から好みの白さを目指していくこともできますが、時間はかなりかかると思います。

ホワイトニング効果が緩やかですから、白さをキープするために活用するほうがもっと効果があります

ですから、最初はオフィスホワイトニングやホームホワイトニングでしっかり望みの白さまでしておいてから、好みの白さをキープするためにホワイトニング歯磨き粉を使います。

このほうが費用や時間の面で、専門的なホワイトニングを時々受けるよりもリーズナブルです。

白い歯のイメージを明確にしておこう

芸能人のような白い歯にするなら、オフィスホワイトニングをおすすめします。

それほど白くなくていいしお金を掛けたくないなら、ホワイトニング歯磨き粉でじっくり取り込んでいくのが良いでしょう。

歯の白さと費用は比例するところなので、よく考えて自分に合ったレベルを選びましょう。